本文へジャンプ

行政情報

町の紹介・歴史

高千穂の概要

高千穂峡

高千穂町は九州山地のほぼ中央部、宮崎県の最北端に位置し、町の中心部を五ヶ瀬川が西北から南東にかけて貫流し、途中、名勝天然記念物高千穂峡が神秘的かつ雄大に自然に創出しています。

気候は、平地の標高が約300メートル以上で夏・冬の気温差が大きく、四季の変化に富み自然環境が春の新緑、秋の紅葉となって観光資源の一環を成しています。

高千穂の起源は古く、古代遺跡の発掘や多くの出土品等の遺物により、紀元前4000年頃から集落が作られたと推定される。一方、天の岩戸開きや天孫降臨などの神話の高千穂町としても知られています。

  • 申請書ダウンロード
  • 高千穂町議会
  • ふるさと納税
  • 高千穂ライブカメラ
  • 高千穂パノラマビュー
  • 高千穂キャラバン
  • 高千穂コワーキングスペース
  • 高千穂がまだせ市場
  • 高千穂健康保険病院
  • ふれあいバス
  • ミヤザキイーブックス
  • 移住定住

モバイルサイト

QRコード右の二次元コードを携帯電話のカメラで読み取るか、携帯にURLを送ってアクセスしてください。

携帯にURLを送る


このサイトは、企業の実在証明と通信の暗号化のため、サイバートラストのサーバ証明書を導入しています。Trusted Webシールをクリックして、検証結果をご確認いただけます。

ページの先頭へ戻る