○高千穂町温泉使用料徴収条例

平成10年3月20日

条例第1号

(趣旨)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第225条の規定に基づき、高千穂町が設置する温泉(以下「温泉」という。)の使用については、この条例の定めるところによる。

(使用料)

第2条 温泉の使用料は別表に定めるところにより徴収する。

(使用料の減免)

第3条 町長は、特に必要と認められるときは、使用料を減額又は使用料の徴収を免除することができる。

(使用料の徴収時期)

第4条 使用料は温泉に入場を開始する前に徴収する。

(使用の制限)

第5条 町長は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、入場の拒否又は制限をすることができる。

(1) 公共の秩序又は善良な風俗を害するおそれがあると認められる者

(2) 建物及び付属施設を破壊するおそれがある者

(3) 看護を要する者若しくは疾病者で看護人なき者

(4) 伝染のおそれのある疾患のある者

(5) 他の入場者に危害を加え、又は迷惑となる物品を携帯する者

(6) 集団的又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれのある者及びその組織の利益になると認められる者

(7) 前各号に掲げる者のほか、町長において管理上に支障があると認める者

(損害の賠償)

第6条 温泉の施設、設備、備品などを破損した場合は、使用者に対し損害賠償をさせることができる。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

1 この条例は、平成10年4月1日から施行する。

2 天岩戸温泉使用料徴収条例(平成6年条例第15号)は、廃止する。

附 則(平成16年条例第5号)

1 この条例は、公布の日から施行し、平成16年4月1日から適用する。

2 この条例施行の際、既に販売した回数券は、新回数券と等価で交換するものとする。

附 則(平成20年条例第30号)

この条例は、公布の日から施行し、平成20年4月1日から適用する。

附 則(平成22年条例第3号)

この条例は、平成22年7月1日から施行する。

附 則(平成26年条例第5号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

1 高千穂温泉施設使用料

区分

使用料

1人1回

高校生以上

400円

70歳以上、中学生及び身体障害者等

300円

小学生

200円

備考 身体障害者等とは、身体障害者手帳所持者、療育手帳所持者及び精神障害者保健福祉手帳所持者とする。

回数券

区分

高校生以上

70歳以上、中学生及び身体障害者等

小学生

10枚綴り

2,800円

2,000円

1,500円

休憩室の占用使用料

区分

1時間当たりの使用料

2階第3休憩室

1,000円

2階第4休憩室

1,000円

2階大広間

2,000円

備考 上記休憩室は特別な事由のない限り、占用のみの使用とする。

休憩室の簡易宿所使用料

区分

1泊当たりの使用料

2階第3休憩室

2階第4休憩室

2階大広間

3室 20,000円

宿泊者が10人を超える場合は、1人につき2,000円を加算する。

備考

1 各休憩室及び大広間を個々に使用することはできない。

2 宿泊使用時間は、午後3時から翌日の午前10時までとする。

3 施設以外の備品及び器具等の使用については別に定める。

4 宿泊使用料には、温泉施設使用料及び入湯税を含む。

5 温泉使用は温泉営業時間に限る。

6 午後10時以降の入館はできない。

2 天岩戸温泉施設使用料

区分

使用料

1人1回

高校生以上

250円

70歳以上、中学生及び身体障害者等

200円

小学生

150円

回数券

区分

高校生以上

70歳以上、中学生及び身体障害者等

小学生

10枚綴り

2,000円

1,500円

1,000円

高千穂町温泉使用料徴収条例

平成10年3月20日 条例第1号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 商工・観光
沿革情報
平成10年3月20日 条例第1号
平成16年3月29日 条例第5号
平成20年3月31日 条例第30号
平成22年3月29日 条例第3号
平成26年3月24日 条例第5号