本文へジャンプ

高千穂神社

2013年3月 7日

takachihojinja1.jpg

 

御祭神は、上古高千穂皇神と申し上げ別名十社大明神という神号で親しまれています。十一代垂仁天皇の御代の御創建で、六国史にも掲載されている国史見在社です。天慶年間には高千穂十八郷八十八社の総社として、特に往昔、武神、農産業、厄払い、縁結びの神として広く信仰を集め、鎌倉幕府をひらいた源頼朝は、畠山重忠を代参として天下泰平の祈願をし、皇室発祥の聖地に対する尊皇のまことを表しました。

 

▼秩父杉
takachihojinja2.JPG
▼夫婦杉
takachihojinja3.JPG
境内には、源頼朝の代参・畠山重忠手植えの樹齢約800年の「秩父杉」や、二本の杉の幹が一つになった「夫婦杉(めおとすぎ)」がそびえています。この夫婦杉の周りを大好きな人と手をつないで3回廻ると幸せになるといわれています。

 

垂仁天皇の命により伊勢神宮と高千穂神社に設置された石。願いを込めて祈ることで、世の中の乱れや人の悩みが鎮められるといわれています。
 
▼鎮石(しずめいし)
takachihojinja4.JPG

 

<高千穂神楽>
毎日午後8:00~9:00まで境内の神楽殿において観光神楽を奉納しています。
(1)手力雄の舞
(2)鈿女の舞
(3)戸取の舞
(4)御神躰の舞

料金 【個人】一人700円 【団体(20人以上】 一人600円
    ※小学生まで無料

お問い合わせ
高千穂町観光協会 Tel:0982-73-1213

《神社情報》

御祭神 瓊々杵命(ににぎのみこと)・木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
日子穂穂出見命(ひこほほでみのみこと)・豊玉姫命(とよたまひめのみこと)
鵜鵝草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)
玉依姫命(たまよりひめのみこと) 以上六神を高千穂皇神
 
三毛入野命(みけいりのみこと)・鵜目姫命(うのめひめのみこと)とその御子神
太郎命・二郎命・三郎命・畝見命・照野命・大戸命・霊社命・浅良部命
以上十神を十社大明神
御利益 縁結び・夫婦円満・所願成就
駐車場 有り
トイレ 有り
入場料 無し

 


より大きな地図で 高千穂神社 を表示

この情報に関するお問い合わせ先

高千穂町 企画観光課
電話:0982-73-1212  0982-73-1207
FAX:0982-73-1234  0982-73-1225

以下のフォームよりお問合せいただけます。
*箇所は、必須項目です。必ずご入力下さい。

送信いただいた個人情報はご意見ご要望窓口以外の目的で利用することはいたしません。
必ず「個人情報保護について」をご確認ください。

お名前*

your name

メールアドレス*

e-mail address

確認用メールアドレス*

e-mail address


※確認のためもう一度
電話番号

telephone

本文*

inquiry body

*は必須項目です。
  • 申請書ダウンロード
  • 高千穂町議会
  • ふるさと納税
  • 高千穂ライブカメラ
  • 高千穂パノラマビュー
  • 高千穂がまだせ市場
  • 高千穂健康保険病院
  • ふれあいバス
  • toto

モバイルサイト

QRコード右の二次元コードを携帯電話のカメラで読み取るか、携帯にURLを送ってアクセスしてください。

携帯にURLを送る


このサイトは、企業の実在証明と通信の暗号化のため、サイバートラストのサーバ証明書を導入しています。Trusted Webシールをクリックして、検証結果をご確認いただけます。

ページの先頭へ戻る