本文へジャンプ

要介護認定の手続き

2012年9月21日

介護保険を利用するためには、「要介護認定」を受ける必要があります。

「要介護認定」とは、どれくらい介護サービスが必要か、などを判断するための審査です。 
 

 要介護認定のながれ

one 申請する

    本人または家族が、保健センター「げんき荘」 介護保険係窓口で申請をします。
    高千穂町地域包括支援センター(高千穂町保健センター「げんき荘」内)でも
    申請できます。 
  
  ★申請に必要なもの
   ・介護保険証 (40歳から64歳の方は、健康保険の保険証が必要です)
   ・申請書 (げんき荘にあります)
   ・主治医の氏名・医療機関名・所在地・電話番号がわかるもの     

two 要介護認定

    申請をすると、訪問調査後に公平な審査・判定が行われ、介護や支援が必要な
    度合い(要介護度)が決まります。

   ●主治医意見書
    主治医が医学的な意見として、主治医意見書を作成します。
    ※申請の際に主治医意見書をお渡ししますので、提出してください。
      なお、主治医が町外の場合は、町介護保険係で取り寄せますので、
    提出の必要はありません。

   ●訪問調査
    市町村職員による心身の状態の調査

   ●一次判定
    訪問調査の結果や、主治医意見書の項目をコンピュータ入力し、
    一次判定を行います。

   ●二次判定(認定審査)
    一次判定や主治医の意見書などをもとに、保健、医療、福祉の専門家が
    審査します。

three 結果の通知

   通知は申請から原則30日以内に届きます。
   介護認定審査会の審査結果に基づいて、「要支援1・2」「要介護1~5」
   「非該当」までの区分に分けて認定され、その結果を通知します。

four 介護サービス計画(ケアプラン)の作成

  ●要介護1~5  ⇒ 居宅介護支援事業所または施設でケアプランを作成して
               介護サービスを利用します。

  ●要支援1~2  ⇒ 高千穂町地域包括支援センターでケアプランを作成して
               介護予防サービスを利用します。

  ●非該当(自立) ⇒ 高千穂町地域包括支援センターでケアプランを作成して
               地域支援事業を利用します。

  • 申請書ダウンロード
  • 高千穂町議会
  • ふるさと納税
  • 高千穂ライブカメラ
  • 高千穂パノラマビュー
  • 高千穂キャラバン
  • 高千穂コワーキングスペース
  • 高千穂がまだせ市場
  • 高千穂健康保険病院
  • ふれあいバス
  • ミヤザキイーブックス
  • 移住定住

モバイルサイト

QRコード右の二次元コードを携帯電話のカメラで読み取るか、携帯にURLを送ってアクセスしてください。

携帯にURLを送る


このサイトは、企業の実在証明と通信の暗号化のため、サイバートラストのサーバ証明書を導入しています。Trusted Webシールをクリックして、検証結果をご確認いただけます。

ページの先頭へ戻る