本文へジャンプ

介護サービスの利用者負担

2018年8月 1日

介護保険のサービスを利用した場合、原則としてサービス費用の1割~3割を利用者が負担します。自己負担が重くなったときや、所得の低い人には負担を軽減するしくみもあります。

要介護度ごとに、月々に利用できる金額に上限が設けられています。

限度額の範囲内でサービスを利用したときの自己負担は1割~3割ですが、限度額を超えてサービスを利用したとき、超えた分は全額自己負担となります。

要介護度

利用限度額

自己負担(1割)

自己負担(2割

自己負担(3割)

要支援1

5万30円

5,003円

1万6円

1万5,009円

要支援2

10万4,730円

1万473円

2万946円

3万1,419円

要介護1

16万6,920円

1万6,692円

3万3,384円

5万76円

要介護2

19万6,160円

1万9,616円

3万9,232円

5万8,848円

要介護3

26万9,310円

2万6,931円

5万3,862円

8万793円

要介護4

30万8,060円

3万806円

6万1,612円

9万2,418円

要介護5

36万650円

3万6,065円

7万2,130円

10万8,195円

  ●施設に入所して利用するサービスは、上記の限度額に含まれていません。

  ●次のサービスは、限度額とは別に利用限度額が設定されています。

福祉用具購入 … 年間10万円  《 自己負担 年間1万円~3万円 》
住宅改修   … 生涯20万円   《 自己負担 2万円~6万円 》

 

施設でサービスを利用したとき 

施設でサービスを利用したときは、施設サービスの1割~3割に加え、居住費・食費・日常生活費が自己負担となります。

 サービス費用の1割~3割 + 居住費 + 食費 + 日常生活費

 

 ☆居住費・滞在費、食費のめやす

利用者が負担する額は施設との契約により決まり、施設によって異なります。

居住費・滞在費、食費の利用者負担額のめやす(日額)
  居住費・滞在費 食  費
ユニット型個室 1,970円 1,380円
ユニット型個室的多床室
従来型個室
1,640円
(1,150円)
多床室

370円(840円)

 ※( )内は介護老人福祉施設を利用した場合の金額です。

 

所得が低い方は、申請により居住費と食費の負担が軽くなります。

負担軽減を受けるためには、保健センターげんき荘の介護保険係に申請し、「介護保険負担限度額認定証」の交付を受け、サービスを受けるときに事業者に提示することが必要です。

 所得の低い方の居住費・滞在費、食費の負担限度額(日額)
    居住費・滞在費の限度額 食事の
限度額
ユニット型
個室
ユニット型
個室的多床室
従来型個室
多床室
第1段階 老齢福祉年金受給者で世帯全員が住民税非課税の方・生活保護の受給者等 820円 490円
(320円)
0円 300円
第2段階 世帯全員が住民税非課税で、前年の合計所得金額、課税年金収入額、非課税年金収入額の合計が80万円以下の方 820円 490円
(420円)
370円 390円
第3段階 世帯全員が住民税非課税で第2段階に該当しない方 1,310円 1,310円
(820円)
370円 650円

※( )内は介護老人福祉施設の従来型個室を利用した場合の金額です。

⇒本人が非課税世帯であることに加え下の2つの条件にあてはまる方が負担限度額認定の対象になります。

①配偶者が非課税である

住民票上世帯が異なる(世帯分離している)配偶者の所得も判断材料とします。

②預貯金等が単身1,000万円以下、夫婦2,000万円以下

預貯金等に含まれるもの…資産性があり、換金性が高く、価格評価が容易なもの。

 

1割~3割の利用者負担が高額になったとき

世帯内で1ヶ月のサービスにかかる利用者負担額(月額)が、下表の上限額を超えたときは、超えた分が後日払い戻されます。

(高額介護サービス費)

該当者には申請書を送付しますので、保健センター介護保険係まで提出してください。

区              分 世帯の限度額
生活保護の受給者等 15,000円 
世帯全員が
住民税非課税で

前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方

15,000円(個人)

24,600円(世帯)

世帯全員が市町村民税非課税の方

24,600円
市町村民税課税世帯の方  44,400円★
医療保険制度における現役並み所得相当の方※ 44,400円

 ※同一世帯内に65歳以上(第1被保険者)で課税所得145万円以上の方がいる方。ただし、単身世帯で収入が383万円未満、65歳以上の方が2人以上の世帯で収入の合計が520万円未満の場合は、「市区町村民税課税世帯の方」に区分されます。

 ★平成29年8月から3年間、1割負担の方のみの世帯は年間上限額(8月1日~翌年7月31日)が44万6,400円となります。

この情報に関するお問い合わせ先

高千穂町 保健センターげんき荘
電話:0982-73-1717
FAX:0982-73-1707

以下のフォームよりお問合せいただけます。
*箇所は、必須項目です。必ずご入力下さい。

送信いただいた個人情報はご意見ご要望窓口以外の目的で利用することはいたしません。
必ず「個人情報保護について」をご確認ください。

お名前*

your name

メールアドレス*

e-mail address

電話番号

telephone

本文*

inquiry body

認証チェック*

reCAPTCHA

認証を行わないと「メールを送信する」ボタンは押せません。
認証は2分間有効です。送信ボタンを押す直前にチェックを入れてください。
*は必須項目です。
  • 申請書ダウンロード
  • 高千穂町議会
  • ふるさと納税
  • 高千穂ライブカメラ
  • 高千穂パノラマビュー
  • 高千穂キャラバン
  • 高千穂コワーキングスペース
  • 高千穂がまだせ市場
  • 高千穂健康保険病院
  • ふれあいバス
  • ミヤザキイーブックス
  • 移住定住
  • 世界農業遺産
  • ユネスコエコパーク

モバイルサイト

QRコード右の二次元コードを携帯電話のカメラで読み取るか、携帯にURLを送ってアクセスしてください。

携帯にURLを送る


このサイトは、企業の実在証明と通信の暗号化のため、サイバートラストのサーバ証明書を導入しています。Trusted Webシールをクリックして、検証結果をご確認いただけます。

ページの先頭へ戻る