地域包括支援センター

地域包括支援センターとは・・・?

地域包括支援センターは、高齢者が住み慣れた地域で、いつまでも健やかに安心して生活できるように高齢者ご本人やそのご家族をサポートする身近な相談窓口です。日常生活のなかで、分からないこと、不安なこと困っていることなどありましたら、お気軽にご相談ください。

●どこに相談すればよいか分からないとき。

●介護予防や健康維持が心配になったとき。

●財産や権利などを守りたいとき。

みなさんが抱える様々な問題を私たち専門職が中心となってサポートします。

 

包括専門職イラスト

総合相談支援

地域包括支援センターは、高齢者ご本人やそのご家族または、地域住民の方からの相談を受けつけています。「認知症かもしれない。」、「介護保険のサービスを利用したいがどうしらいいか分からない。」など高齢者の健康・生活に関わる相談を幅広く受け付けています。

介護予防ケアマネジメント

高齢者が要介護状態になることをできるだけ遅らせたり、要支援、要介護状態になっても悪化をできる限り防ぎ自立した日常生活が送れるように支援します。要支援1、2などの方がデイサービスや訪問介護、福祉用具を利用するときなどに介護予防ケアプラン(計画書)を作成してサービスが利用できるように支援を行います。

権利擁護業務

高齢者のみなさんが安心して、いきいきと暮らすために、みなさんの持つさまざまな権利を守ります。成年後見制度の紹介や、虐待の早期発見、消費者被害などに対応します。成年後見制度

「認知症」や「知的障がい」、「精神障がい」などで正しい判断ができなくなってしまった人をサポートする仕組みです。

・身寄りがいないので将来のことが心配。

・訪問販売などで必要のない商品を買ってしまった。

・大事な書類や印鑑がどこにいったか分からなくなる。

・公共料金の支払いや契約ごとに不安がある。 など

高齢者の方の権利を守り、住みなれた地域で自分らしい生活が送れるように支援していきます。

 

認知症に関すること

高千穂町では、「認知症になっても住み慣れた地域で自分らしく日常生活を過ごすことができる社会」 を目指していきます。

認知症に関する相談は、高千穂町地域包括支援センターへお問い合わせください。

家族の会2

町では「ふじ光(あかり)の会」と称して、認知症の人を介護しているご家族を対象に、家族のつどいを開催しています。

●日時:毎月第3金曜日 午前10時~12時

●参加料:無料

●場所:高千穂町保健福祉総合センター2階

初期集中

医療や介護につながっていない人もしくは中断している認知症の人に対して、専門職が訪問して専門医とチームで支援を行います。

認知症サポーター

認知症ってどんな症状?どう接したらいいの?など認知症についての分かりやすいお話をします。60分~90分程度で、何人からでも受けれます。

【連絡先】

高千穂町地域包括支援センター(高千穂町保健福祉総合センター内)

電話:0982-72-6900(直通)

ファックス:0982-73-1707

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉総合センターげんき荘

〒882-1101
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井435-1
電話番号:0982-73-1717
ファックス:0982-73-1707

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年10月28日