鉾(ほこ)神社

鉾神社を正面から撮影した写真

祖母嶽神社の外宮として豊後(大分)との県境である鉾峠に勧請されたのが起源といわれ、享保21年(1736年)社殿再建の棟札がある。日子穂穂見命(ひこほほでみのみこと)(山幸彦)とその配偶神豊玉姫命(とよたまひめのみこと)が祭神で、神武天皇は孫にあたります。神武天皇が御東征の際、台風にあい豊玉姫命(とよたまひめのみこと)が現れ救出したことから風難除けの神様とされています。

「八鉢」の像を撮影した写真

夜神楽33番の舞の一つ「八鉢」の像

本殿屋根下の彫刻を撮影した写真

本殿屋根下の彫刻

神社情報
御祭神 日子穂穂出見命(ひこほほでみのみこと)=山幸彦
豊玉姫命(とよたまひめのみこと)
御利益 風難除け
駐車場 有り
トイレ 無し
入場料 無し

より大きな地図で鉾神社を表示

この記事に関するお問い合わせ先

〒882-1192
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井13
電話番号:0982-73-1207 / 73-1212
ファックス:0982-73-1225 / 73-1234

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年04月03日