祖母嶽(そぼだけ)神社

木々の中に佇む祖母嶽神社の社殿の外観の写真

寛文9年(1669年)延岡領主・有馬左衛門佑康純公が再建したと言われ、日子穂穂出見命(ひこほほでみのみこと)(山幸彦)の居住跡とも伝えられています。
御祭神は日子穂 穂出見命(ひこほほでみのみこと)とその配偶神である豊玉姫命(とよたまひめのみこと)で、豊玉姫命は愛の神様と言われており、親子愛や家内安全のご利益があるとされています。

本殿屋根の下の彫刻の正面からの写真

本殿屋根の下の彫刻

脇障子(本殿左)

脇障子(本殿右)

神社情報
御祭神 日子穂穂出見命(ひこほほでみのみこと)・豊玉姫命(とよたまひめのみこと)
天津湯彦命(あめつゆひこのみこと)・菅原道真公
大日霊女貴命(おおひるめのむちのみこと)
御利益 愛の神様、風難除け
駐車場 無し
トイレ 無し
入場料 無し

より大きな地図で 無題 を表示

この記事に関するお問い合わせ先

〒882-1192
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井13
電話番号:0982-73-1212
ファックス:0982-73-1234

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年04月03日