木造住宅耐震診断士の登録台帳閲覧

耐震診断に対する助成制度

成7年に起きた阪神・淡路大震災では、約11万棟もの住宅が全壊したといわれており、特に昭和56年以前の耐震基準で建てられた建築物に大きい被害が見受けられました。また、本県においても、過去、日向灘沖を震源とする地震やえびの地震において多数の住宅の被害が記録されております。
そこで県では、阪神・淡路大震災でも被害大きかった昭和56年以前に建てられた木造住宅を対象に、県内の市町村と連携し、耐震診断に対する助成制度を実施しております。

の助成制度では、木造住宅の耐震診断の標準的な方法について県が実施する講習会を受講した建築士を「宮崎県木造住宅耐震診断士(以下、「耐震診断士」という。)」として県に登録し、登録された耐震診断士が住宅の診断を行なうことを助成の要件としております。

高千穂町内の登録台帳

高千穂町内の耐震診断士の台帳を閲覧することができます。登録台帳には、耐震診断士の「氏名」、「建築士免許の種別」、「勤務先名・所在地・設計及び改修工事の可否・連絡先」が記載されています。

この記事に関するお問い合わせ先

建設課

〒882-1192
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井13
電話番号:0982-73-1210
ファックス:0982-73-1226

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年04月16日