付加年金で受給額を増やすことができます

付加年金とは

 第1号被保険者・任意加入被保険者が定額保険料に付加保険料をプラスして納付すると、老齢基礎年金に付加年金が上乗せされます。

付加保険料は月額400円です。付加年金の受給額は、200円×付加保険料納付月間です。 

たとえば、付加保険料を10年間納付した場合

付加保険料

400円×10年(120月)=48,000円

付加年金額

200円×10年(120月)=24,000円(年額)

付加年金を2年間受給すると納付した付加保険料総額と同額になります。

  • 上記の付加年金額は、65歳から受給した場合の年金額です。
  • 付加年金は定額のため、増額・減額はありません。
  • 国民年金基金に加入中の方は付加年金に加入できません。
  • 納付期限を過ぎると納付できません。納付期限は翌月末日(休日・祝日の場合は翌営業日)です。

 付加年金は任意加入となります。

 お申込みは町民生活課 年金係窓口までお越し下さい。  

国民年金付加保険料の納付を任意でお申し込みされた方へ

 付加保険料は、加入の申出をされた月分から定額の保険料に加算して納めていただき、辞退の申出をされた月の前月以降分から定額の保険料のみを納付していただくことになる任意の保険料です。

納付期限内に納められなかったとき

  • その納付期限の日に納付の辞退をしたとみなされます。
  • お手持ちの付加保険料込みの納付書は今後使用できません。
    (納付書の再作成をいたしますので、年金事務所へご連絡ください)
  • 再度の加入を希望される場合は、付加保険料納付の申出手続きがあらためて必要です。

納付期限後に納めたとき(辞退とみなされた後に納めたとき)

  • 付加保険料はお返し(還付)することになります。

納付方法が口座振替≪翌月末≫の方へ

 残高不足などの理由により納付期限日に引き落としができなかった場合は、翌月に再振替される際、定額保険料に付加保険料が加算されたままの金額で引き落としされることになりますが、後日、付加保険料はお返し(還付)することになりますのでご了承ください。

納付期限を必ず守っていただきますようお願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

町民生活課

〒882-1192
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井13
電話番号:0982-73-1203
ファックス:0982-73-1221 / 73-1222

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年04月03日