町長の部屋

甲斐宗之町長の写真

町長の甲斐宗之(かいむねゆき)です。

 

20195月、時代は平成から令和へと御代替わり致しました。神話息づく天孫降臨の地、皇室にもゆかりの深い本町の神社には、全国から多くの皆様にご参拝いただき、大変賑わいを見せました。

2020年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される年であり、高千穂峡をはじめとした観光資源を有する本町にも、国内外から多くの皆様にお越しいただきたいと考えております。

 

2020年は、大正9年(1920年)4月に旧高千穂村から高千穂町に移行し、今年でちょうど町制施行100周年を迎えます。

町と致しましては、この大きな節目である100周年を祝うとともに、この機会に未来に向けて更に飛躍する高千穂町を町内外に広く発信するため、様々な記念事業を計画してまいります。

豊かな自然環境に恵まれ、高千穂峡や神話にゆかりの神社が点在する宮崎県を代表する観光地です。また世界農業遺産、ユネスコエコパークという二つの世界ブランドを併せ持った数少ない町でもあります。

少子高齢化が進む現状に直面しておりますが、その様な優位性を最大限に生かしながら、基幹産業である農林業や観光業の振興、次代を担う子ども達の人材育成、福祉の充実、交通インフラの整備・拡充等に積極的に取り組みながら、世界に知られる活気あるまちづくりに取り組んで参ります。

町制施行100周年の高千穂町にご期待ください。

 

高千穂町長 甲斐宗之

 

更新日:2020年03月03日